看護師の転職活動におけるポイント

転職前に確認すべきことは?


看護師の転職活動におけるポイント

近年では、医療現場のみならず、保健、福祉など様々な領域で看護師の専門性が求められる場面が増えてきています。多くの役割を期待されている看護師の仕事については、常に子どもたちが将来なりたい職業の上位に挙げるほど、魅力あるものと考えられています。

そのような看護師の転職について、一定の市場価値が見込まれる中で、どのように転職活動を進めることがスムーズなのか、以下に3つのポイントをまとめて紹介してみることにします。

まず1つ目のポイントは、看護師としての自分のキャリアをどのように築くか、関心領域、診療科などについて定めることです。

医療、保健、福祉いずれの領域に進むのか、内科、外科、精神科どの診療科を究めるのか、これらの選択によって、自身の転職の在り方が変わって来ることでしょう。もちろん、新卒ですぐにキャリアを見定めることは困難でしょうから、大枠について考える位の意気込みが無難かもしれません。

次に2つ目のポイントは、転職情報の集め方についてよく考えてみることです。

転職関係のセミナーや、求人誌、職場の先輩からの紹介など、フォーマルかインフォーマルかあまりこだわらず、積極的に情報収集していくことが望ましいと考えます。

最後に、3つ目のポイントは、看護師転職サイトの有効活用をすることです。多くの看護師転職サイトでは、専門のキャリアコンサルタントなどを配置し、手厚く看護師の転職をサポートしていますから、2つ目のポイントに挙げた、転職情報の集め方に、効率性を付す意味でも、看護師転職サイトの利用を一考するのも良いかもしれません。

以上のようなポイントを挙げて、ここまで整理してきましたが、各人が目指す看護師としての転職先によって、押さえるべきポイントは異なることが予想されます。臨機応変にポイントを把握しながら、各人が希望する転職を実現し、更に患者さんや家族の回復に寄与できるような看護師になることが望まれます。

↑ PAGE TOP